BCAAってどんな効果があるの?

筋トレの情報を集めていると、BCAAってよく目にしますが、BCAAってそもそも何なのでしょう?BCAAにはどのような効果が期待できるのでしょうか?
MENU

BCAAってどんな効果があるの?

筋トレに関することを調べていると、「プロテイン」や最近流行りの「HMBサプリ」と同じくらい「BCAA」という用語を目にします。

 

「BCAA」って何のでしょう?そして、どんな効果があるのでしょうか?

 

BCAAとは?

BCAAといのは、「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」の3つのアミノ酸の総称です。

 

これら3つは、必須アミノ酸9種類のうちの3種類です。BCAAには必須アミノ酸の効果以外にも、独自の3つ効果があります。

 

BCAAの3つの効果とは?

 

筋肉の超回復に効果的!

まず、BCAAの1つ目の効果ですが、筋肉の超回復に効果的であるということです。

 

これはどういうことかと言いますと、筋トレ後に破壊された筋繊維にBCAAを送り込むことで筋肉の回復をサポートするということです。実は、プロテインにはこのBCAAが多く含まれていますので、BCAAにはプロテインと同様の効果が期待できるということなのです。

 

効率よくエネルギーとして利用される!

通常は、アミノ酸というのは、エネルギー源にはなりにくい素材です。しかし、BCAAだけは別格です。

 

ある状態において、特別にエネルギー源として利用されることがあります。このある状態というのは、体がヘロヘロの状態の場合です。
例えば、フルマラソンやトライアスロンなどの競技において、後半のヘロヘロ状態の時のエネルギー源として役立つのです。

 

集中力が持続する

BCAAが集中力の維持に効果があるというのは、あまり知られていないことかなと思います。人の血液内にあるBCAAが減ってくると、リラックス状態になりやすく集中力が途切れる原因になります。

 

つまり、BCAAをたくさん摂ることで、血液中のBCAAが増え、集中力が持続しやすくなるということです。

 

例えば、競技中の集中力を持続させる効果も期待できますので、オリンピック選手が試合前に飲んだりすることもあります。

 

BCAAには、1点注意することがあります。それは、BCAAの集中力を持続させる効果によって眠れなくなってしまうということです。
ですから、就寝前のBCAAの摂取は控えた方が良いでしょう!

このページの先頭へ